大切な日本の贈り物

古来の贈り物に関する由来

贈り物に熨斗を添える由来

熨斗とは祝い事などの贈り物に添える飾りのことで、その起源はアワビを薄く削いで引き伸ばしたのしアワビに由来します。アワビは長寿をもたらす食べ物として古来より縁起物とされ、贈り物に添える習慣がありました。その原形は、白い和紙の上に赤く染めた和紙を重ね、アワビを束ねて包み、水引で結ぶという形でした。しだいに簡略化されるようになり、紅白の紙を折り込んで中央に黄色の細い紙をはさむようになりました。この黄色の紙の部分がアワビを表わします。現代では水引と一緒に印刷された紙が一般的で、ギフト包装として用いられます。品物に直接紙をかけてから包装する場合と包装後にかける場合があり、用途によって使い分けをします。

意外と知らない熨斗の種類

熨斗にも色々な種類があります。お祝い事と慶弔関係とは全く別物であることはご存じだと思いますが、その中でも種類があることを意外と知らない人が多いようです。特にお祝い事に関しては間違った使い方をすると失礼に当たりますので気を付けましょう。まず結婚に関するものは紅白の結びきりを使います。一度きりのお祝いという意味ですね。それ以外のお祝い事は紅白の蝶結びが使われます。入学祝や出産祝いの贈り物、それに対するお返しの内祝いなどです。他の贈り物、新築祝いとか成人のお祝いとか全般的な結婚以外のお祝いは蝶結びです。の観点から種類としては、軽装なものから重厚なものまで色々です。特に現金を包む場合は金額に見合ったものを使うようにしましょう。

贈り物をする機会の情報